×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<<戻る

色々どうでも良い話。2011/3


ネタバレも少しあり。くだけた文にしますね。あまり価値のない文章です。


2011 2月 1月
2010 12月 10月  7月 5月 4月 3月 2月 1月 
2009 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 2月 1月
2008 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月
2007 10月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2006 12月 11月 6月と7月 5月 4月 3月 2月 1月
2005 11月と12月 10月 9月と8月 5月 4月 3月 2月 1月
2004 11月と12月 10月 9月 8月 7月 


  2011/03/18

  ネットで被災地の写真などが出ていますが、マスクをしているのをよく見かけます。

でも写真で見る限り、風邪用のマスクです。放射能対策ならば防塵(ぼうじん)マスクがより効果的です。

 

放射能防御のために、なぜマスクをするのか。詳しくは専門家に任せますが、簡単にいうと

原発の破損により、放射能を持ったホコリが飛散するからです。

それを吸い込んだりすると体の中に直接有害な放射線が当たるので、マスクや家を閉め切る

事が重要になります。

なので、該当地域で外出する場合は、出来れば防塵マスクがあれば良いです。建設現場で使う作業用マスクでも風邪用マスクより

良いですよ。防塵マスクは金物屋さんに売ってます。


適当にネットショップから拾ってきた画像。著作権者さん、すみません。

こういうのだとホコリ吸引への対策はほぼ完全です。2000円足らずだと思います。これは建設作業などで

普通に使われているものです。仕組みはフィルターでホコリを取る、それだけですが

排気にちょっと工夫があり、見た目よりも快適です。

防塵マスクは大体が建設作業用で、簡易的なものもあります。


こういうやつです。装着はちょっとだけ難しい。

簡易マスク装着の注意点。


大抵の人は上手く装着できておらず、作業の後に鼻の周りにホコリの通った後が見えているので注意。
簡易マスクは基本的に喋っている間は隙間ができます。

私、学生の時に土建屋のアルバイトでよく使ってました。空調設備の解体が主な仕事でしたので

ホコリ対策でした。空調ダクトの中はホコリだらけでしたから。

もちろん防塵マスクがなければ普通のマスクやタオルでも効果はあると思います。

 

ちなみに風邪用の普通のマスクをつけて作業していたアルバイトは、作業の後は鼻の穴が真っ黒でした。

マスク無しだと酷い現場は咳き込みました。


 

  2011/03/15

  原子力発電所の事故が収まらず、東北の被害状況もまだ明らかと言えないようです。

特に原発はその仕組みや、放射能が何であるかも知らない人がほとんどだと

思うので、国民は混乱を増すばかりです。 やはり政治の力で情報をまとめ、無用の混乱を

収める努力が必要ですが、この期に及んで芸能人が要職についてしまう状況です。

選挙の結果なので、責任は国民にもある事を自覚しなければなりません。

慎むべきと思いながらも一例を挙げ、少し批評をさせて頂きます。

 

某大臣が、被災地に物資が回らなくなるので買占めしないように、と

声明をだしたそうですが、これでは民間の流通が頼りで政府は何もしませんよ、と言わぬばかりです。

流通の力不足も連想できる言い方です。

家庭を守る意識の高い人は、余計に買占めに走る事になり、買占めは買占めを誘発します。

この影響は下手をすると日本全土に広がりかねません。

それを放置すれば、物資の大半が個人宅に死蔵され、一時的とはいえ、起こらないはずの物資不足が

これから現実になるかも知れず、国民の生活は混乱する事になります。 ここは政治の腕の見せ所と言えます。

 

この場合必要なのは、東北太平洋沿岸以外の流通インフラは機能している事や、

日本全国レベルでは即座に水や食料が不足する事はありえないし、これを購買する

経済力も世界に冠たるもので、被災地以外は物資の心配をする必要がない状況を冷静に

説明する事に違いありません。

その上で、買占めはトラブルの元と一言いうだけで十分な、理解力を日本国民は持っています。

被災地を絡めて情に訴える作戦では、生活への危機感を止める事は出来ず解決になりません。

某大臣は真面目そうな方ですが、国という単位で考える事に慣れてないんです。

 

石油ショックでのトイレットペーパーの前例がありますが、今ではあれが馬鹿騒ぎであった事は明白です。

これでは経済に悪影響がでる恐れがあり、経済活動に支障が出れば被災地の復興にも

影響が及ぶ事は避けられないのです。

 

 

  さて、被災地の為に何が出来るか考えた場合、日本国民のほとんどは直接的に手を出せる事が

ありません。 ベストなのは普段どおりの生活を送り、不必要に騒がず、経済を回し続ける

事かと思います。 次々と活動を自粛する娯楽関連企業が目に付きますが、これは経済の

回転を止める行為で、逆効果にもなり得る可能性があります。

日本国民が一丸となって国難と向き合うべき時節にオチャラケは無しという、意識の

問題も軽視できませんが、消費者においては平常運転も貢献の一部であるという認識が

必要で、下手に不謹慎などと批判をしないようにして欲しいと思います。

 

ところで、需要があるならいくら値段を上げてもOK! みたいな意見がこの非常時に一部の商売人

から出ているようですが、混乱に乗じてインフレが広がったらどうするのか。

悪徳商人が信用を失って廃業しますように。

 

私自身は、今は政府の言う事を信用し、政府からの指示があればその通りにしたいと思っています。

もちろん自分の無力は悔しいです。


  2011/03/11

  世間で起きた事件などを書いていくと、暗い話が多くなるので、ちょっと自重を

するようにしているのですが、東北の地震はショックを受けました。

被害が判明するにつれ、酷い情報が次々に明らかになっていくのは大災害の常で、

今回も尋常の事ではない様子です。

しばらく黙祷し、亡くなられた方のご冥福と行方不明者の無事を祈りました。

自然災害は誰が悪い訳でもないけれども、はがゆい思いです。


<<戻る